Global education to be professional

電話での会話

電話でのビジネス英語学習方法の歩みを見ておく

英語に関連する学習方法は、様々なスタイルで利用されており、内容によって学習方法にも違いがあります。特にビジネスの場面においては、英語の必要性を感じる事になる人も多く存在しています。 ビジネス英語の変遷としては、明治期に入ると、西洋の文化も日本に入ってくる様になり、その必要性が生じた事も大きな変化となっています。本格的な貿易などが始まったのは、昭和に入ってからの事ですので、電話でのビジネス英語なども近代に入ってからその必要性が生じる様になりました。日本では戦後の発展で人々の生活・仕事にも安定性が見られる様になりました。外国との交流が再開される様になった事、電話回線も整備される様になった事で、電話によるビジネス英語で話す機会が増えた経緯を辿っています。一部の人にとってだけ必要だったビジネス英語についても、最近では多くの企業での必要性も出てきている現状となっています。

今後の将来観測を行う

海外との交流については、企業がその役割を大きく担っている場面もあります。日本の場合には、特に海外からの輸入に頼った食生活環境もあります。その様な中においては、世界の共通言語が英語になりつつある現状を考慮した場合、必然ビジネス英語が必要になる場面も出てきます。通信手段としては、パソコンのメール通信などもありますが、即答を得るためには、電話でのやり取りも必要になります。日本のビジネスシーンにおいては、電話を利用したビジネス英語を習得しておく必要性があり、今後もそれを実感した人が、それぞれに習得方法を実践していくと考えられます。 電話の場面におけるビジネス英語に関しては、相手国によっては、発音に特徴もあるため、国別の特徴に配慮しながら習得方法が絞られていく可能性なども見込まれます。