Global education to be professional

What's New

電話での会話

ビジネス英語では電話応対を行なうことを想定に入れながら対策を行っていくこともあります。電話を通してコミュニケーションが取れるように良く利用する言い回しについて学びます。

続きを読む

日本語を教える

日本語教師になるためには

日本語教師という職業は少し前まではあまり有名ではない職業でしたが、近年はテレビで紹介されたり、日本語教師についての本がベストセラーになったりして、少しずつ知られるようになってきました。政府としても日本への留学生を増やしていこうとしているため、今後も日本語教師の需要は増えていく事でしょう。 日本語教師になるためには、3つの条件があり、そのうちのいずれかを満たしていることが必要です。 条件として1つ目は、専門の大学を卒業していること。2つ目は、日本語教育能力検定試験に合格していること。3つ目が、日本語教師養成講座で420時間以上の教育を修了していることです。 実際に日本語教師を目指す人には、いったん社会人として就職してから、日本語教師を目指すようになった人が多く、そのような人は試験を受けるか、420時間の養成講座を受けることになります。

独学では厳しい、専門的な内容も

日本語教育能力検定試験は1年に1度、10月に開催されます。合格率は20%前半のことが多く、合格するためには専門的な勉強が必要です。日本語教育の専門的な内容は、日本人なら誰もが知っているようなことではなく、日本人のほとんどが生まれて初めて勉強するような内容が多いのです。 日本語教師になるためには、専門の教育を受けているか、試験に合格しているかのどちらかが必要ですが、実際には独学で日本語教育能力検定試験に合格するのはかなり難しく、試験に合格する人は、専門の教育を受けている人が多いのです。 420時間の養成講座を受講する時間がないから、日本語教育能力検定試験を受ける、という人のためには、通信教育や、検定試験対策の短期間の講座もあります。

費用が安い

オンライン英会話では安い費用で学ぶことが出来るため、誰でも簡単に学習を行っていくことが出来ます。自宅で簡単に行なうことが出来るため、いつでもしっかりと英会話を学べます。

続きを読む

対応する

外国の人と会話をすることが当たり前のように求められるようになった現在英語を学ぶ人も多くなっています。そんな英語を学ぶ方法として人気の英会話スクールではどのようなポイントに注目すると良いのか紹介するので確認しておきましょう。

続きを読む

おすすめリンク